ホーム > PTシステムの紹介 > システム機能


 現状、大手発注先からのEDI情報は発注情報、検収情報などを受け取ることができます。しかし、取引先からのEDIデータはフォーマットが異なり取引先毎に変換ツールを準備する必要があります。 PT-SaaSは共有変換テーブルを利用して異なるフォーマットデータを取り込んで受注から工程展開、進捗、出荷、支払、品質、コスト管理まで自社の生産情報を管理できます。

 PT-SaaSを導入している企業では、インターネットを利用して情報共有を行い製造情報を一元化し効率的に受注管理から出荷、売上管理まで行う事ができます。