ホーム > PTシステムの紹介 > システム関連図
 PT-SaaSは企業の管理要求に応じて段階的に導入できるレベル1の基本機能、レベル2、レベル3の拡大機能、そしてオプション機能、共有機能からなります。


  レベル1はEDI変換、受注登録、出荷登録、納品書・請求書、売上集計、検収確認を行うために必要なシステムの基本機能になります。レベル1は、日次業務で「EDI変換」「受注登録」「出荷管理」「売上管理」で運用されます。

EDI伝送処理














出荷準備(ピッキングリスト)













出荷入力














納品書作成














請求書作成














レベル2は資材発注・仕入・支払の購買外注管理を行うためのシステムの拡大機能になります。

資材発注処理














支払管理















レベル3は作業計画、工程管理、在庫管理を行うシステムの拡大機能になります。

生産計画














作業指図書













作業報告














工程進捗














オプション機能は発注企業と受注企業の間で製造情報を共有するデータ受信、変換機能、進捗管理機能を提供します。
共通機能は各種マスタ管理、製品構成情報管理の機能を提供します。